無料の「Windows 8 Media Center Pack」のプロダクト キーを期限切れ後にインストールしたら「Windows 8」を再インストールする羽目になりました。。。

無料の Windows 8 Media Center Pack

 

Media Center Packをインストールするとアプリの追加扱いでは無く、ライセンスキーが新しく発行される形式でした。
なのでインストール時に使用したWindows 8 Proのプロダクト キーは無効となり再インストールすることになってしまいました。

 

2013年1月31日までに無料で貰った「Windows 8 Media Center Pack」のプロダクト キーはインストールしちゃダメです!絶対!!!!!

 

2013年1月31日まで「Windows 8 pro アップグレード版」が1,200円とお得だったので迷わず購入しました。
同時期に期間限定で無料となっていた「Windows 8 Media Center Pack」に落とし穴が。

「Windows 8 Media Center Pack」は2013年1月31日までにインストールして認証しなさいとのことでしたが、すっかり忘れていて2014年2月にインストールしました。あはは

 

「Windows 8 pro」とインストール後の「Windows 8 Pro Media Center」は別物。

エディションが「Windows 8 Pro Media Center」に変わって、ライセンスキーが変更となります。
Media Center Pack単体をアンインストールする事ができないのです。

 

エラーコード:0xC004C003
ライセンス認証サーバーで、指定されたプロダクト キーがブロックされている事が判明しました。

140404_win2ScreenClip

 

当然エディションが変わるのでプロダクト キーも「Windows 8 pro アップグレード版」は使えません。
右下にこんな表示まで出る始末。

140404_win3

焦りました。もう頭真っ白!
使い物にならなかったらアンインストールしよう♪ぐらいに考えていたので、ぽかーんとなってしまいました。

 

解決方法…?

1. 再インストール
2. 他のWindows8で「Windows 8 Media Center Pack」を購入する(800円)

 

悲惨です。
調べ回ってみましたが、この二択しかないようなのです。
アンインストールできるなんて簡単な方法はありませんでした。

 

一応マイクロソフトの連絡先を記載しておきます。
■ライセンス認証窓口: 0120-801-734 (24時間 365日対応)
■パーソナル サポート: 0120-54-2244 (9:30 ~ 12:00 / 13:00 ~ 19:00 [土日祝日、弊社指定休業日を除く])

 

今日のまとめ

今回 noapon の場合は、「Windows 8 pro アップグレード版」をインストールした直後でしたので再インストールする道を選びました。
再インストール時の「Windows 8 pro アップグレード版」に対するプロダクトキーはエラーも出ず問題ありません。
今も普通に使えています。

しかしなぜMedia Center Packはアンインストールできないんでしょうかね~。
DVDを再生する「アプリ」の認識でいたため、エディションが変わるなんて思いもしませんでした。

無料で手に入れましたが、本当にひどい目に遭いました。
もう1年以上前のことなので大丈夫かと思われますが、皆さん気をつけてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク