【食レポ】しっとりふんわ~り「大阪もぐらや」のどら焼き「もの字焼き」を食べました

「大阪もぐらや」のどら焼き「もの字焼き」食レポ

こんにちは、のあぽん(@petanote)です。
大阪に店舗を構える、お菓子と甘味喫茶「もぐらや」のどら焼きを頂きました。
初めて食べる「もの字焼き」。それでは、いただきまーす!

「大阪もぐらや」のどら焼き「もの字焼き」

ふっくらふわふわとしていて、商品名に違わず「も」の焼き印が入っていました。
大きさは普通くらいかなー手のひらいっぱいに乗るサイズ。「大阪もぐらや」のどら焼き「もの字焼き」 大きさ

半分に割ってみると、やや甘めの粒がしっかりとしたあんこが登場。「大阪もぐらや」のどら焼き「もの字焼き」 半分

原材料は、砂糖、鶏卵、国産小麦、北海道産小豆、蜂蜜、醤油、水飴、寒天、膨張剤となっています。香料や防腐剤関係が入っていませんでした。「大阪もぐらや」のどら焼き「もの字焼き」 原材料

店舗は、天下茶屋店、ナンバ店、瓜破店と3店舗あります。
「大阪もぐらや」のどら焼き「もの字焼き」 店舗詳細

ごちそうさまでした!

みたらしだんごも有名のようですが、究極のどら焼きに違わぬふんわりしっとりの美味しいどら焼きでした。
添加物や防腐剤なしで、しかもお値段が108円(税込)という安さ!
東京ですと、池袋の「すずめや」と上野広小路の「うさぎや」あたりのどら焼きが有名ですがお値段はもう少し高めです。
さすが大阪!美味しかった~ごちそうさまでした♪「大阪もぐらや」のどら焼き「もの字焼き」 詳細

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク