手が止まらない!浅草で有名な「大学いも 千葉屋」の切揚(きりあげ)を食べました

浅草で有名な「大学いも 千葉屋」

こんにちは、のあぽん(@petanote)です。

さつま芋を素揚げしてとろーりとした甘い蜜に絡めた大学芋。

浅草には他にもお芋屋さんがあるのですが、せっかくならココでしか食べられないお店が良いな-!と思っていたところに見つけたお店です。

ふかし芋、大学芋、切揚(きりあげ)と店名通り、お芋1本で勝負されています。

お店は浅草線、銀座線、東武線の浅草駅から10分ちょっと歩いた言問通り沿い。つくばエクスプレスの浅草駅からの方が近いです。

 

「大学いも 千葉屋」の切揚(きりあげ)

浅草によったら結構な頻度で購入するお店なのですが、今回は切揚(きりあげ)を購入しました。

切揚(きりあげ)は、小さく薄めにカットして素揚げしたものに蜜を絡めた感じ。
芋けんぴあるじゃないですか、あれに大学芋の蜜を掛けたような印象でした。

「大学いも 千葉屋」の切揚(きりあげ)

 

タイミングが良かったようで、出来たてホカホカを購入できました。
我慢できずにつまみ食いをしたら手が大変なことにw

ナイロンの袋に入れた後、紙袋に入っています。
大学芋も値段は同じで、400g 740円です。200gから販売可。

「大学いも 千葉屋」の切揚(きりあげ) 400g

 

形も短冊状だったり、輪切りだったりと大きさも色々。
なので食感も芋けんぴのようにカリカリっと良く揚がったものから、ちょっとしっとりめのものも。ごまの風味がまたいいのー。

「大学いも 千葉屋」の切揚(きりあげ) 400g 1

 

そして蜜の絡まり具合がもーたまらん!食べ出すと止まらなくなるから、ちょとだけお皿に出しています。

大学芋の場合、お醤油が強いみたらしのような蜜は苦手なのですが、こちらは甘じょっぱいと言うよりも、甘みの強い蜜でした。
あと10度以下でも蜜の固まりは大丈夫。

「大学いも 千葉屋」の切揚(きりあげ) 400g 2

 

また買いに行きます。今度は大学芋 200g、切揚 200gのハーフにしようかな~。
ごちそうさまでしたー!

店名大学いも 千葉屋
商品名切揚(きりあげ)
価格400g 740円
ジャンル和菓子、スイーツ
住所東京都台東区浅草3-9-10
営業時間[月~土]10:00~18:00
[日・祝]10:00~17:00
日曜営業
定休日火曜日
カロリー[参考]
セブンイレブンの大学芋 100gあたり356kcal

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク